>特集>目の下のクマは美容外科クリニックで改善できる!

目の下のクマは美容外科クリニックで改善できる!

医者

二重整形は失敗することもある?

瞼を医療用の糸で留めて二重を作り出す埋没法は、基本的に一度施術を受ければ半永久的に二重を手に入れることができます。しかし、時間の経過と共に糸が外れてしまったり、目をこすったはずみで外れてしまうこともあります。埋没法は手軽に受けられる施術ですが、リスクについてもきちんと把握しておきましょう。

室内

目の下のたるみには裏ハムラ法が効果的

人は年令を重ねるうちに目の下の脂肪がたるんだり、目の下に脂肪を蓄えて厚みを帯びてきます。下瞼の裏側を切開して脂肪を取り除く裏ハムラ法であれば、手軽にたるみを除去することができます。瞼の裏側にメスを入れる必要はありますが、傷跡は外側から見えないので跡が目立つ心配はありません。また、切開するといっても一週間程度で落ち着くので、ダウンタイムを気にする必要もないでしょう。費用は安くとも30万円程度必要となりますが、短期間のうちに高い効果を得られるので裏ハムラ法の人気は高まっています。

鏡

目の下のクマは自力で解消できる?

目の下のクマは、自力でもある程度改善できます。クマは種類によって対処方法が異なりますが、まずは蒸しタオルなどを利用して温め、血行を促進させましょう。また、お風呂上がりなどに指を使ってマッサージすることも効果的です。温めたりマッサージを行った後には、必ず保湿性の高い化粧品でケアしましょう。ある程度ケアを行っても解消されなければ、美容外科クリニックで専門医に診てもらってください。

くま治療の流れ

ウーマン

専門医とカウンセリングを行う

肌の状態を医師にみせて治療の方針を考えます。医師から治療の流れや期待できる効果など様々な説明を受けますが、この時に気になることや不安なことがあれば遠慮なく質問しましょう。優良なクリニックであれば、納得するまで施術の内容をじっくりと説明してくれるはずです。

施術箇所をマーキング

カウンセリングが終わったら、施術箇所に特殊なペンを使ってマーキングを行います。マーキングは施術後すぐに落とすことができるので、安心してください。施術の内容によっては、マーキングだけでなく表面麻酔を施されることもあります。

施術開始

くまの治療には、大抵血流改善ガスが使用されます。施術開始後は、内出血が起こらないか患者の様子を観察しながら注意深く施術を進めます。クリニックや施術方法で異なりますが、10分程度で終了します。

アフターフォロー

多くの美容整形外科クリニックでは、施術後の経過を診たり、万が一問題が起これば無料で治療を行うなどのアフターフォローを行っています。内出血が治まらないなどトラブルが見受けられたら、すぐに施術を受けたクリニックに相談しましょう。